個人向け 相続・遺言サポート

トップページ > ライフサポートサービス > 個人向け 相続・遺言サポート

ビジネスサポートサービス

ライフサポートサービス

リレーションズエントリー

BtoB、BtoCにおいて 貴社との「つながり」を構築
提携希望と企業様も随時受付

セミナー情報

●今なら間に合う事業継承の準備
●最適保険の選び方
●かしこい起業準備の進め方


弊社では、セミナーを定期的に 開催しています。
出張セミナーも交通費+資料作成費(数千円)の実費分のみの格安料金で承りますので、是非ご相談ください。 セミナーのお問い合わせは050-3735-8832

 

戦わずして勝つ ~お家を守るために~

「私は、財産がないから相続の心配はないよ。」とおっしゃる方を よくお見受けいたします。 確かに、亡くなられた方のうち相続税のかかる方は 全体の約4%ほどです。 しかし、よくよくお話を伺ってみると、現金や預金はあまり お持ちではないが、自宅の土地と建物を所有していることがございます。

配偶者はすでに亡くなられていいて、何人かいるお子さんのうちの一人と 同居しているといった場合には、ご本人様が亡くなっても相続税がかかる心配は 確かに少ないのかもしれません。

しかしながら、遺言書などの相続の対策をしてなかった場合には、 原則法律に従って財産を分けることになりますので、相続人である兄弟姉妹で 土地と建物を分けることになります。 相続人の一人がすでに生活の拠点として 住んでいることもあり、土地と建物を売却してお金を分けるとなると、ひと悶着起きかねません。

また、お子さんがいらっしゃらない夫婦だけの世帯も最近よくお見受けしますが、 遺言書作成などの相続対策をしていないと、亡くなられた方に兄弟姉妹がいた場合、 法律上、兄弟姉妹に相続する権利が4分の1ありますので、夫婦で共に築いて きた財産が遠方で一切交流のない配偶者の兄弟姉妹に一夜にして流失して しまう事態になりかねません。

したがって、財産があるないにかかわらず、今まで一緒に暮らしていた配偶者や 家族に無用なトラブルの置き土産をしないためにも、一度は相続に関して ご一考下されば幸いです。相続対策として遺言書の作成は有効な手段になり得ます。相続に関する相談に 加えて、遺言書の書き方のアドバイスもしておりますのでお気軽にお声掛け下さい。

ところで、遺言書は自筆で作成することも可能ですが、書式に不備があると 無効になってしまいますし、また紛失することもございますので、若干費用は 掛かりますが公証役場で書式のチェックをし、また保管してもらえる公正証書遺言を お勧め致します。

その他、相続の諸手続き、遺産分割協議書作成、相続財産の有効活用など、 相続にまつわることでしたら何でも構いませんのでご相談下さい。
※税にかかわることは提携の税理士と一緒に業務を進めて参ります。

 

ページトップへ